1. ホーム
  2. 院案内

院案内

院案内1

院名:長津田まい針灸院
院長:長森 夏弥子(崔邁)
住所:〒226-0026横浜市緑区長津田町2234-10(地図
TEL/FAX:045-482-5998
診療日:月・水・木・土
※受診状況により診療日を増やすことがございます。
診療時間:9:00~19:00

院案内2院案内3院案内4

受診の流れ

カルテのご記入

カルテのご記入

中医学・西洋医学的に診察を受ける

中医学・西洋医学的に
診察を受ける

中国針と日本鍼各長所により治療を受ける

中国針と日本鍼各長所により
治療を受ける

アクセス方法:東急田園都市線・横浜線・こどもの国線いずれも長津田駅下車。こどもの国線のりば側(西口)から左へ徒歩10分。道が分からない時、遠慮なくお電話をください。TEL:045-482-5998

院長紹介

中国河北中医学院(大学)卒業 河北省邯鄲市中医院鍼灸科・内科 中医師として10年間勤務。1991年来日。女子栄養大学大学院修士課程横浜医療専門学校鍼灸師科卒業。(財)ヘルス・サイエンス・センター中西医結合研究所で研究員として10年間務めた後、都内の鍼灸治療院院長を経て開業に至る。
2000年日本の鍼灸界の代田賞奨励賞を受賞し、日本や世界鍼灸学会及び専門誌などへ論文を多数発表しています。
中国で中国針灸手技、心・脳血管疾患の針灸治療・漢方治療を、日本の大学院で肥満・糖尿病などの生活習慣病を研究しました。近年、一般的な疾患例えば頭痛・肩こり・腰痛などに勿論、特に多くの治療機関では悩みの解決が得られなかった病気(例えば脊柱疾患・線維筋痛症・不妊症・円形脱毛症・小児脳性麻痺など)の患者さんを多数治療して来ました。これらの経験を皆様の健康にお役に立つことを願っています。

長い間、病気に悩まれた方は是非一度ご相談をください。
地域の皆様の健康、病気の回復に貢献させてください。

得意の疾患

頭痛・肩こり・膝痛・腰痛の治療、脊柱疾患 (代田賞奨励賞受賞)繊維筋痛症 (全日本鍼灸学会論文発表)。 疲労の解消(特にサラリーマン・受験生に)。 肥満症 (肥満学会論文発表) 「2000年週刊朝日特集に掲載」・内臓肥満 (全日本鍼灸学会論文発表)、 生活習慣病(大学院修論:糖尿病に対する薬膳の研究)、 脳卒中後遺症、顔面神経麻痺、めまい、耳鳴り・難聴。 花粉症 (世界鍼灸学術大会論文発表)「2000年週刊朝日特集に掲載」、アトピー性皮膚炎。 生理痛・生理不順・ 不妊症(72例を治療し35人成功)。脳性麻痺、発達障害、円形脱毛症、美容鍼、他。

院長:長森 夏弥子(崔邁)賞状

「脊椎疾患に対する中国鍼、按摩による治療効果の研究」

« 医道の日本 »第674号(平成12年5月号)2000年P68~77

2000年第24回代田賞奨励賞授賞

著者:崔邁1) 佐伯律子2)
1)(財)ヘルス・サイエンス・センター中西医結合研究所
2)佐伯鍼灸治療院

賞状

論文発表リスト

【中国】
1989年8月:第5回河北省鍼灸学会で「腰椎症による下肢麻痺1例に対する穴位注射と鍼灸併用の治療効果」発表
1990年9月:«河北中医»第3期に「鍼灸夾脊穴による腰椎変形性坐骨神経痛28例の治療効果」発表

【日本】
1997年3月:«中医臨床»に「糖尿病に対する薬膳療法の研究」発表
1997年4月:«医道の日本»に「中国鍼による慢性通年性鼻炎15例の治療効果の報告」発表
2000年5月:«医道の日本»に「脊柱疾患に対する中国鍼と按摩の治療効果の研究」発表
2000年10月:「脊柱疾患に対する中国鍼と按摩の治療効果の研究」は第24回代田賞の奨励賞受賞
2000年11月:第21回肥満学会で「耳穴圧豆による減量効果についての研究」発表
2002年9月:第2回世界中西医結合大会で「耳穴圧豆による減量効果とメカニズムについて」発表(講演)
2004年10月:第6回世界鍼灸学術大会で「中国鍼が花粉症患者の鼻汁・血液免疫反応に及ぼす影響」発表(講演)
2005年3・4月:«医道の日本»に「中国鍼による花粉症の治療効果の研究」発表
2007年6月:第56回全日本鍼灸学会学術大会で「耳穴圧豆による内臓肥満に及ぼす影響」発表
2014年5月:全日本鍼灸学会の学術大会で「繊維筋痛症に対する鍼灸治療で有効であった1例」を発表

〒226-0026
神奈川県横浜市緑区
長津田町2234-10 [地図]

お電話でのお問い合わせ TEL:045-482-5998。診療日:月・水・木・土。診療時間:9:00~19:00

診療日:月・水・木・土
診療時間:9:00~19:00

長森夏弥子(崔邁)